NEWS


■インドネシアの古代帆船“スピリット・マジャパヒト号”、日本に向け大航海中!

航海中のスピリット・マジャパヒト号
13世紀後半から16世紀にかけてインドネシア(主にジャワ島)を中心に栄えたマジャパヒト王国の遺跡発掘への支援を呼び掛けるため、当時の技術で復元された木造の帆船“スピリット・マジャパヒト号”が7月4日にジャカルタ港を出発、現在日本に向けて航海中です。
この船は、当時の資料が少ない事から、世界遺産ボロブドゥール遺跡に描かれた古代帆船のレリーフなどを参考にしながら、釘を一切使わずに組み立てられた、長さ20m、幅4mの帆船です。日本人関係者とインドネシア軍の水平など14人が乗り組み、日本の他、中国や東南アジア諸国など8カ国を半年かけて回り、寄港地ではマジャパヒト王国の歴史を伝えるイベントなど行う予定です。
日本の最初の寄港地は石垣島(沖縄県)(8月上旬~中旬予定)で、その後鹿児島、高知、東京、大阪、福岡など各地に寄港予定です。

詳細お問合わせ先: 日本マジャパヒト協会  電話: 03-5684-7661
ウェブサイト:http://www.j-majapahit.com/


NEWSインデックスへ | このサイトのTOPへ戻る