NEWS


■アジア最大のジャズの祭典「JAVA JAZZ FESTIVAL 2011」でジャカルタの熱いナイトライフを!

インドネシアといえば「ガムラン音楽」と誰もが思っているはず。インドネシアで「ジャズ・フェスティバル」と聞いても、はじめはあまりピンとこないかもしれません。

でも、ここインドネシアの首都にして最大の都市ジャカルタは、ビジネスの拠点として世界中から多くの人々が訪れ、常に発展し続けるモダンと伝統が共存する活気に満ちた、まさに大都会。今年で7回目を迎える毎年恒例、アジア最大のジャズの祭典「ジャカルタ インターナショナル ジャワ ジャズ フェスティバル(JIJJF)」には、国内のみならず、ジェームス・ブラウン、ジョー・サンプル、リー・リトナーやマンハッタン・トランスファーといった錚々たるミュージシャンのみならず、アース・ウィンド&ファイアーやチャカ・カーンといったファンク、R&Bやヒップ・ホップなど多彩なジャンルのミュージシャンが参加するの、JIJJFならではのお楽しみ。日本からも渡辺貞夫、日野皓正やTOKUなど有名アーティストが名を連ねてきました。

毎年3月第一週目の週末3日間に渡って100組を超えるミュージシャンが集い約7万人の観客がその音楽に酔いしれるという、ジャカルタの熱いナイトライフを是非体験してみて下さい!

期日:2011年3月4日(金)、5日(土)、6日(日)
会場:ジャカルタ インターナショナル エキスポ
HP:http://www.javajazzfestival.com (英語)

NEWSインデックスへ | このサイトのTOPへ戻る