NEWS


■ガルーダインドネシア航空が、東京(羽田)―デンパサール(バリ島)線を 2012年4月28日から運行開始する計画を決定した旨発表しました。

ガルーダインドネシア航空は、日本就航50周年にあたる来年2012年、東京(羽田)―デンパサール(バリ島)線を運行開始する計画を決定した旨発表しました(政府認可取得を条件とする。)これは、2011年8月に東京で実施された日本とインドネシアとの航空当局間協議で、深夜早朝時間帯における羽田空港とインドネシアを結ぶ路線の就航を可能とする枠組みの構築が合意されたことから、かねてより要望の高かったデンパサール線の運行を検討、計画が決定されたものです。

<概要>

就航開始日: 2012年4月28日
使用機材: A300-300型機(エグゼクティブクラス42席、エコノミークラス215席)
スケジュール:

GA887便 東京(羽田)発01:00 / デンパサール(バリ島)着 07:00

GA886 便 デンパサール(バリ島)発 15:30 / 東京(羽田)着 23:30

※使用機材及びスケジュールは、2011年11月末日現在の予定であり、都合により変更にある場合があります。
※デンパサール発ー羽田行きは、2012年4月27日からの運行となります。

詳細はガルーダインドネシア航空の公式ウェブサイトをご覧下さい。
http://www.garuda-indonesia.co.jp/


NEWSインデックスへ | このサイトのTOPへ戻る