NEWS


■ 【続報】短期訪問ビザ免除プログラムの免除対象国が拡大された他、ビザ免除での出国可能ポイントが追加されました!
インドネシア政府はこれまでの短期訪問ビザ免除対象国30ヶ国に新たに45ヶ国が追加されて75ヶ国とし、今年度中に旧短期訪問ビザ免除対象国15ヶ国と合わせ合計90ヶ国が短期訪問ビザ免除対象国となります。また、10月にはビザ免除による出国可能ポイントが追加され、順次運用が開始されています。
尚、ビザ免除による入国審査チェックポイント(5空港、9海港)に変更はありません。

 ビザ免除による出国ポイント(太字はビザ免除による入国チェックポイント)
●国際空港:スカルノ‐ハッタ空港(ジャカルタ)、ハリム空港(ジャカルタ)、バンドゥン(西ジャワ)、アディスチプト空港(ジョグジャカルタ)、ソロ(東ジャワ)、スマラン(中部ジャワ)、ジュアンダ空港(スラバヤ/東ジャワ)ングラ・ライ空港(デンパサール/バリ)、クパン(ティモール)、アチェ、ハン・ナディム空港(バタム)、プカンバル(リアウ)、パレンバン(南スマトラ)、パダン(西スマトラ)、クアラナム空港(メダン/北スマトラ)、ハサヌディン空港(マカッサル/南スラウェシ)、サム・ラトゥランギ空港(マナド/北スラウェシ)、バリクパパン(東カリマンタン)

●海港:セクパン港(バタム)、バタム・センター港(バタム)、ノングサ・ターミナル・バハリ(バタム)、マリナ・テルク・セニンバ(バタム)、チトラ・トゥリ・トゥナス(ハーバー・ベイ / バタム)、バンダル・スリ・ウダナ・ロバン港(タンジュン・ウバン / ビンタン)、スリ・ビンタン港(タンジュン・ピナン/ ビンタン)、バンダラ・べンタン・テラニ・ラゴイ(ビンタン・リゾート / ビンタン)、タンジュン・バライ(カリムン)、ドゥマイ(リアウ)、テゥルック・ニバン・タンジュン・バライ・アサハン(北スマトラ)、バンダル・スリ・セティア・ラヤ・ベンカリス(リアウ)、ブラワン(北スマトラ)、クアラ・ランサ(アチェ)、シボルガ(北スマトラ)、シアッ・スリ・インドンラプラ(リアウ)、パダン(西スマトラ)、ベンクル港(ベンクル/スマトラ島)、ベノア港(バリ)、パダン・バイ(バリ)、タンジュン・プリオク(ジャカルタ)、チルボン(西ジャワ)、タンジュン・マス(スマラン/中部ジャワ)、スラバヤ(東ジャワ)、マカッサル(南スラウェシ)、ビトゥン港(北スラウェシ)、クパン(ティモール/東ヌサ・トゥンガラ)、ヌヌカン(東カリマンタン)、タラカン(東カリマンタン)、ジャヤプラ(パプア)

●陸路:モタアン(アテンブア/ティモール)、エンティコン(カリマンタン)

※ビザ免除で入国しても、上記以外の空海港から出国する場合は到着ビザを取得する必要があります。

※入国に関する詳細はこちらをご覧下さい。 http://www.visitindonesia.jp/useful/01.html


■ 【続報】日本を含む30カ国を対象とする短期訪問ビザ免除による入国可能な海港として、ビンタン・リゾートのフェリーターミナル(ビンタン島)の他、バタム島内とカリムン島の5つの海港が追加となりました!

インドネシア政府は9月4日付けで、観光目的の入国に限り開始された短期訪問ビザ免除による入国可能な海港として、ビンタン・リゾートのフェリーターミナルの他、バタム島内とカリムン島の合計5つの海港を追加しました。
よって、短期訪問ビザ免除による入国可能な海港は合計9つとなりました。

●海港(2015年9月4日現在)
①スリ・ビンタン港(タンジュン・ピナン/ ビンタン島)
②セクパン港(バタム島)
③バタム・センター港(バタム島)
④バンダル・スリ・ウダナ・ロバン港(タンジュン・ウバン / ビンタン島)
⑤ノングサ・ターミナル・バハリ(バタム島)
⑥マリナ・テルク・セニンバ(バタム島)
⑦チトラ・トゥリ・トゥナス(ハーバー・ベイ / バタム島)
⑧バンダラ・べンタン・テラニ・ラゴイ(ビンタン・リゾート / ビンタン島)
⑨タンジュン・バライ(カリムン島)

※国際空港に変更はありません。


■ 日本を含む30か国を対象とする新たな短期訪問ビザ免除プログラム概要の制定・実施について。
インドネシア政府は、これまでの短期訪問ビザ免除対象国15ヶ国に加え、新たに日本を含む30か国に対する短期訪問ビザ免除プログラム実施概要を以下の通り制定し実施されました。

 新たな短期訪問ビサ免除対象国30か国:日本、中国、ロシア、韓国、米国、カナダ、ニューランド、メキシコ、英国、オランダ、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、スイス、ベルギー、スウェーデン、オーストリア、デンマーク、ノルウェイ、フィンランド、ポーランド、ハンガリー、チェコ、カタール、アラブ首長国連邦、クウェート、バーレーン、オマーン、南アフリカ
 
※これまでの短期訪問ビザ免除対象国15か国:ブルネイ・ダルサラーム、チリ、香港、
 マカオ、マレーシア、モロッコ、ペルー、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム、
 エクアドル、カンボジア、ラオス、ミヤンマー

 滞在期間:到着日を含め最長30日間。滞在期間の延長はできません。
 観光目的の入国に限ります。
 ビザ免除による入国可能な入国審査チェックポイント
●国際空港:
① ジャカルタのスカルノ‐ハッタ空港
② デンパサールのングラ・ライ空港(バリ島)
③ メダンのクアラナム空港(北スマトラ)
④ スラバヤのジュアンダ空港(東ジャワ)
⑤ バタム島のハン・ナディム空港(リアウ諸島)

●海港
① スリ・ビンタン港(タンジュン・ピナン / ビンタン島)
② セクパン港(バタム島)
③ バタム・センター港(バタム島)
④ タンジュン・ウバン港(ビンタン島)

※上記以外の空海港では、ビザ免除での入国はできません。

 入国の際は、入国時にパスポートの残存有効期間6ケ月以上、連続した空白の査証欄が3ページ以上と、インドネシア出国用の航空券が必要です。

尚、31日以上の観光や、社会文化訪問(親族、社会文化団体、教育機関訪問、学会出席)、商用訪問(会社訪問、商談、会議出席等の目的で就労を伴わないもの。但し、工場訪問は不可。)、政府用務、ボランティア等が目的の入国の場合は、現行どおり到着ビザ/VOA(到着時に取得可能。35米ドル、30日間有効、現地にて更に30日に限り延長可能。)をご利用下さい。

*ビザに関する詳細は、在日インドネシア共和国大使館のウェブサイトをご覧下さい。
http://kbritokyo.jp/


NEWSインデックスへ | このサイトのTOPへ戻る