NEWS


■ バリ島の宗教的祝日ニュピ(2018年3月17日)に関するご案内

バリ島の人々はバリ・ヒンドゥー教を信仰し「ウク暦」と「サカ暦」の二つの暦に従って生活しています。ニュピは「サカ暦」の新年で今年は3月17日となります。この日はバリ・ヒンドゥー教徒にとって精神修養に専念する最も重要な日であり、国の祝日にもなっています。

1. ニュピ当日は、バリ・ヒンドゥー教徒は終日瞑想してバリ島から悪霊が去るのを待ちます。島内では火や電灯が一切使われないほか、いかなる活動をしてはならず、レストランや商店等も一切営業が禁止され、航空機の離発着や交通機関も制限され、外国人のお客様にもこれら静寂を妨げる行為が禁止されます。

2. ニュピの日程は2017年3月17日午前6時から18日午前6時までの予定です。

3. ン・グラライ国際空港においては、国際線・国内線ともにトランジット便を除き全ての航空機の離発着が禁止され、乗客もトランジットの乗客以外の乗降も認められません。また、バリ島の全ての海港は閉鎖され、船舶による海運サービスの提供は禁止されます。ガルーダ・インドネシア航空の日本からバリ島への直行便運休スケジュールは同公式ウェブサイトでご確認ください。( http://www.garuda-indonesia.co.jp

4. これらニュピの行動制限は、外国人観光客を含むバリ島内の全ての人々に適用され、警察、医療機関、消防等の治安・人命にかかわる緊急を要する場合を除き、バリ島内の屋外での行動が一切禁止されます。従って、お客様はご滞在中のホテル・宿泊施設から外出はできなくなりますので、当日バリ島内にご滞在予定のお客様は、予め当日のビーチ、プールやレストラン利用の可否などの情報について、ご利用の旅行会社、ホテルにご確認されることをおすすめいたします。

尚、ニュピに関連する一連の祭礼儀式の日程は以下の通りです。

<2018年カレンダーのニュピの儀式スケジュール(予定)>
3月14日(水) Mekiyis or Melasti
ヒンドゥー教徒達は隊列をつくって、各寺院で祭ってある御神体を海辺へ運び、それらを清める儀式が行われます。
※寺院によってはクローズになる事がありますので事前にご確認下さい。

3月16日(金) Tawur Agung Kesanga ceremony
悪魔が人間の生活を妨げないように、人々はオゴオゴという悪魔の大きな化身としての人形を引き回して町中を練り歩き、町を清めて翌日のニュピの日を迎える儀式が行われる。
※オゴオゴが練り歩くエリア、コースは事前に発表されます。その周辺道路は、交通規制・渋滞や、寺院・観光スポットがニュピの準備のために終日又は時間帯でクローズになりますので必ず事前にご確認下さい。

3月17日(土) (ニュピ当日)“Nyepi”サカ暦1940年新年
ヒンドゥー教徒にとっての完全な静寂の日であり、一切の活動をしてはならず、火と電灯を一切使用せず、一切の外出も禁じられる。
 ― バリ島全域
※ホテルからの外出、チェック・イン/アウト・バリ島内での移動は一切できません。(緊急時を除く。)
※ホテル内施設(ビーチ、プール、スパ、レストランなど)が一部クローズになる場合がありますので、事前にご確認されることをおすすめいたします。

※後日内容が変更になる場合がありますので、予めご了承下さい。



NEWSインデックスへ | このサイトのTOPへ戻る