NEWS


■ インドネシア政府は3月31日、新型コロナウイルス(COVID-19)の世界的感染拡大の状況に応じた対策として、外国人のインドネシアへの入国又は通過を一時的に禁じる追加的な入国規制措置を発表しました。~ 2020年4月2日(木)午前0時(インドネシア西部標準時間)から適用されます。
この度発表された一時的な入国規制措置は、インドネシア全領土でのCOVID-19の感染拡大防止のための措置として2020年11号のインドネシア共和国法務人権大臣令に記載されます。

1、外国人による全てのインドネシア入国及びインドネシアでのトランジットは,一時的に停止する。
2、ただし,以下6項目に該当する場合は、下記の適正かつ有効な保健措置に留意した上で例外的に入国を認める。
①インドネシアでの永住許可または長期滞在許可を保有する
②公用又は外交官ビザを保有する
③インドネシアでの赴任中の公用又は外交官滞在許可を保有する
④医療援助及びサポートの職員(人道上の理由及び目的に基づく)
⑤海洋、航空、陸路の輸送のクルー
⑥国家戦略プロジェクトに取り組む外国人

上記6項目に該当する外国人は、以下の要件を満たす必要があります。
●各国の保健当局によって発行された健康であることを証明する英文の証明書を提出すること
●入国直前14日間にCOVID-19に感染していない国または地域に滞在していたこと
●インドネシア共和国政府が実施する14日間の隔離要請に従うこと

また、本法令は、現在インドネシアに滞在中の外国人も以下のとおりに規制しています。
1、短期訪問ビザ(ビザ免除の訪問と到着ビザを含む)を保有している外国人で、滞在期限が切れているか、滞在許可を更新できない場合、自動的に一時緊急滞在許可が与えられ、入国管理局への申請は不要。
2、長期滞在許可または永住許可を保有している外国人で、滞在期限が切れているか、滞在許可を更新できない場合、自動的に一時緊急滞在許可が与えられ、入国管理局への申請は不要。

本法令は、2020年4月2日(木)午前0時(インドネシア西部標準時間)より管轄当局がCOVID-19の感染拡大の終了を宣言するまで有効となります。

渡航をご予定のお客様におかれましては、事前に必ず最新の情報と入国手続きに関する詳細を下記関係機関にご確認下さい。

在東京インドネシア共和国大使館    TEL: 03-3441-4201
在大阪インドネシア共和国総領事館   TEL: 06-6449-9898
ガルーダ・インドネシア航空
URL:https://www.garuda-indonesia.com/jp
Twitter:@Garuda_Japan


■ 新型コロナウイルスに関する情報~ビザ申請に関する追加情報(2020年3月17日政府発表の補足情報)
3月17日付けでインドネシア共和国政府より発表された新型コロナウィルス(COVID-19)対応に関する追加措置により、2020年3月20日(金)午前00時(インドネシア西部時間)以降入国の方から新たな入国規制が適用される事になります。

〇3月17日にご案内のとおり、日本を含む全ての国からの渡航者に対し短期滞在のビザ免除、到着ビザ(VOA)、外交公用ビザ免除ポリシーが1ヶ月間停止されるため、観光などでインドネシア訪問を希望する場合は、事前にインドネシアの在外公館(日本では東京の在日インドネシア大使館及び在大阪インドネシア総領事館)で目的に応じたビザを取得は必要となります。また申請の際にはそれぞれの国の保健当局(Hearth Authorities)が発行する健康証明書(Health Certificate)を提出しなければなりません。

これらビザ申請方法、必要書類の詳細・一部書類フォームダウンロードは在日インドネシア大使館、在大阪インドネシア総領事館のウェブサイトでご覧いただけますのでご確認下さい。

尚、在日インドネシア大使館によれば、5日間、6日間など短期観光目的の場合は下記の通りの手続きが必要となります。

◆短期観光目的の渡航の場合―シングルビザ: Visit Visa / Single Visa(B211A)の取得手続きが必要です。

【申請時必要書類(個人で申請の場合)】

1、パスポート原本(インドネシア到着時有効期限が6か月以上あり、白紙のページが最低3ページある事が必要です。)
2、パスポートコピー(申請者データが記載されているページ)
※日本国籍以外の方は在留カードのコピー(両面)も必要
3、証明写真 1枚(カラー、3×4cm)※背景は何色でも可
4、申請書(申請時に窓口にて配布、又はウェブサイトからダウンロード可)
5、招聘状/招待状原本(PDF可)―観光目的の場合はホテルの予約表(ホテルの住所、電話番号、ホテルマネージャーの氏名記載のもの)
6、英文推薦状原本(PDF可)―観光目的の場合は英文の在職証明原本・在学証明書原本や家族の署名による簡単なフォームの推薦状でも可。(各書類の記載見本をウェブサイトでご覧いただけます。)
7、英文経歴書(フォームは窓口にて配布、又はウェブサイトからダウンロード可)
8、往復又は復路インドネシアから第三国へ出国するチケットのコピー/Eチケットを印刷したもの。
9、生活費を支払う能力があることの証明として本人名義のUS$1,500.-以上の残高証明書もしくは通帳のコピー
10、健康証明書(Health Certificate)

航空機旅行に適した健康状態で呼吸器の感染症(発熱、咳、のどの痛み、くしゃみ、呼吸  困難)にかっかていない旨が英語で記載され、日本国内の保健当局 / クリニック/ 病院 / 国立病院 / 検疫所が発行した健康証明書(自由書式 / 決まった書式はありません。インドネシア到着7日前までに発行されたもの。)である事が必要です。

※尚、健康証明書は空港チェックイン時や入国手続きの際などにも提示を求められることがあるようですので、渡航の際に必ず原本又はコピーを携行なさって下さい。

【料金】
5,750円(個人申請の場合は申請時に支払い可。)

【取得日数(個人申請の場合)】
3日(土日、両国の祝日は含みません。)

【申請・受領受付時間と所在地】
在日インドネシア大使館
 住所:東京都品川区東五反田5-2-9
 電話:03-3441-4201
 申請受付:09:30~11:30(予約不要・支払いも同時に可
 受領受付:14:00-16:00(申請日の3日後。例:月曜午前申請→水曜午後受領)
 URL: https://m.kbritokyo.jp/visa/

在大阪インドネシア総領事館
 住所:大阪市北区中之島6-2-40 中之島インテンスビル22階
 電話:06-6449-9898、9883
 申請・受領受付:10:00~12:00(受領は申請日の3日後。例:月曜申請→水曜受領)
 URL: https://kemlu.go.id/osaka/lc/pages/single_visa/3130/etc-menu

◆短期商用目的の場合は一部必要書類が異なりますので上記大使館、総領事館のウェブサイトでご確認下さい。
◆代理申請・受領の場合は書類のフォーム、取得日数など一部異なりますので直接大使館又は総領事館にお問合せ下さい。

ビザ取得手続きの更なる詳細は、上記在日インドネシア大使館もしくは在大阪インドネシア大使館のウェブサイトでご確認いただくか、直接お問い合わせください。

またガルーダ・インドネシア航空でも情報を掲載していますのでご覧ください。
ガルーダ・インドネシア航空
URL:https://www.garuda-indonesia.com/jp
Twitter:@Garuda_Japan


■ 新型コロナウイルスに関する情報~入国手続き追加情報(2020年3月17日政府発表の補足情報)
3月17日付けでインドネシア共和国政府より発表された新型コロナウィルス(COVID-19)対応に関する追加措置により、2020年3月20日(金)午前00時(インドネシア西部時間)以降入国の方から新たな入国規制が適用される事になります。

〇外国人に対する措置として、日本を含む全ての国からの渡航者に対し短期滞在のビザ免除、到着ビザ(VOA)、外交公用ビザ免除ポリシーが1ヶ月間停止されます。

このため、観光などでインドネシア訪問を希望する場合は、事前にインドネシアの在外公館(日本では東京の駐日インドネシア大使館及び在大阪インドネシア総領事館)で目的に応じたビザを取得しなければなりません。また申請の際にはそれぞれの国の保健当局(Hearth Authorities)が発行する健康証明書(Health Certificate)を提出しなければなりません。

〇健康証明書(Health Certificate)は、航空機旅行に適した健康状態で呼吸器の感染症(発熱、咳、のどの痛み、くしゃみ、呼吸困難)にかっかていない旨が英語で記載され、日本国内の保健当局 / クリニック/ 病院 / 国立病院 / 検疫所が発行した健康証明書(自由書式 / 決まった書式はありません。インドネシア到着7日前までに発行されたもの。)である事が必要です。

尚、健康証明書は空港チェックイン時や入国手続きの際などにも提示を求められることがあるようですので、必ず原本又はコピーを携行なさって下さい。

〇国別のポリシーは下記3月17日付けのお知らせの通りですのでご確認下さい。

ビザ取得手続きの詳細は、駐日インドネシア大使館もしくは在大阪インドネシア大使館のウェブサイトをご覧いただくか、直接お問い合わせください。またガルーダ・インドネシア航空でも情報を掲載していますのでご覧ください。


尚、入国手続きに関する詳細と最新情報は、引き続き下記関係機関にご確認下さい。

在東京インドネシア共和国大使館    TEL: 03-3441-4201
在大阪インドネシア共和国総領事館   TEL: 06-6449-9898
ガルーダ・インドネシア航空
URL:https://www.garuda-indonesia.com/jp
Twitter:@Garuda_Japan


■ 新型コロナウイルスに関する情報~入国手続き追加情報(2020年3月17日政府発表)
インドネシア共和国政府は、新型コロナウィルス(COVID-19)対応に関する追加措置を発表し、その概要は以下の通りです。

下記の追加措置は、2020年3月20日(金)午前00時(インドネシア西部時間)より直ちに実施されます。

〇インドネシア共和国政府はCOVID-19の感染拡大に関するWHOの状況報告に引き続き従っています。
その一環で、COVID-19の影響を受ける国の数が増えている中、すべてのインドネシア国民に対し、不要な海外渡航を制限するよう強く求めました。また、現在海外に渡航しているインドネシア国民においては、今後の旅行の混乱を避けるため、できるだけ早い時期にインドネシアに戻ることを勧めています。

〇外国人に対する措置として、日本を含む全ての国からの渡航者に対し短期滞在のビザ免除、到着ビザ(VOA)、外交公用ビザ免除ポリシーを1ヶ月間停止します。
このため、インドネシア訪問を希望するすべての外国人/旅行者は、それぞれ訪問目的に応じたビザを各国のインドネシア大使館・総領事館でビザを取得しなければなりません。また申請の際にはそれぞれの国の保健当局が発行する健康証明書を提出しなければなりません。
※ビザの取得方法については在日インドネシア共和国大使館に確認中です。

〇国別のポリシーは次のとおりです。
1.2020年2月2日に外務省より発表された中国からの訪問者のための措置は有効です。
(詳細はこちら)
(詳細はこちら・PDF)
2.2020年3月5日に外務省により発表された韓国、大邱市、慶強北道からの訪問者に対する措置は引き続き有効です。
(詳細はこちら)
入国前の14日間に以下の国に渡航した訪問者/旅行者に対するインドネシアへの入国または乗り継ぎの禁止:
a. イラン;
b. イタリア;
c. バチカン;
d. スペイン;
e. フランス;
f. ドイツ;
g. スイス;
h. 英国
3.すべての訪問者/旅行者は、インドネシアの空港到着前にヘルス・アラートカード(黄色の用紙)の必要事項を記入し、空港の保健保健所に提出する必要があります。
4.入国日までの14日間に上記の国への旅行履歴がある場合、インドネシアへの入国を拒否される可能性があります。
5.上記の国に渡航したインドネシア国民については、到着時に保健所によって追加検査を行うものとします。

〇現在インドネシアに滞在する外国人で、ビザの期限が失効し延長をする場合は、2020年の法務・人権大臣令第7条の規制に従って行われるものとします。

〇在留一滞在許可証(KITAS)/永住許可証(KITAP)及び現在海外に在籍し、期限切れとなる外交公用ビザ保有者の在留許可の延長は、2020年の法務・人権大臣令規則第7項に従って行われるものとします。
また、これらの措置は一時的であり、今後の状況の変化により見直されるものであります。
インドネシア外務省のURL:
(詳細はこちら)(英語)

尚、入国手続きに関する詳細と最新情報は、引き続き下記関係機関にご確認下さい。

在東京インドネシア共和国大使館    TEL: 03-3441-4201
在大阪インドネシア共和国総領事館   TEL: 06-6449-9898
ガルーダ・インドネシア航空
URL:https://www.garuda-indonesia.com/jp
Twitter:@Garuda_Japan


■ バリ島のングラライ国際空港における新型コロナウイルス感染拡大予防対策の様子をご覧いただける動画をアップしました。(3月11日現在。Angkasa Pura空港公団提供)


■ 新型コロナウイルスに関する情報~入国手続き追加情報(2020年3月5日政府発表)
インドネシア共和国政府は、新型コロナウイルス(2019-nCoV)発生に対して安全措置を確保するため、インドネシア保健省はじめ関係機関が連携し、全ての国際空港においてあらゆる対策を講じています。

この一環として、インドネシア政府は、中国以外のイラン、イタリア及び韓国の3各国で新型コロナウイルスが急増しているとのWHOの報告を受け、一時的にこれら3カ国に対する下記の新たな入国管理措置を講じる旨、インドネシア外務省が発表しました。

1.インドネシアへ入国前の14日間に下記の地域へ渡航・滞在した方の入国・トランジットを停止します。
 ・イラン :テヘラン州、コム州、ギーラン州
 ・イタリア:ロンバルディア、ヴェネト、エミリア、ロマーニャ、マルケ州、ピエモンテ州
 ・韓 国 :大邱広域市、慶尚北道

2.上記1に記載の各地域以外のイラン、イタリア及び韓国からの渡航者の方は、それぞれの保健当局が発行する有効な健康証明書を、航空便チェックインの際に提出する必要があります。この証書の提出がない渡航者には、入国・トランジットは認められません。

3.これら3カ国からの渡航者は、到着前にインドネシア保健省が発行する健康状態申告書(Health Alert Card)への記入を済ませておく必要があります。この申告書には、過去の渡航歴を記入する欄があり、入国前の14日間に前述の各地域に訪問・滞在した履歴のある渡航者には入国及びトランジットは認められません。

4.インドネシア国籍の方で、最近これら3カ国、特に前述の地域を訪問した渡航者は、空港到着時に追加のヘルスチェックを受ける必要があります。

尚、日本国籍の方も、インドネシア入国前の14日間に上記3カ国及び各地域を訪問した場合にはこの対象になり得ますので、ご注意下さい。
以上の措置は2020年3月8日(日)0時(インドネシア西部時間)より直ちに実施されます。
また、これらの措置は一時的であり、今後の状況の変化により見直されるものであります。

インドネシア外務省のURL:
https://kemlu.go.id/portal/en/read/1104/berita/indonesian-government-policy-on-the-development-of-covid-19-outbreak(英語)

尚、入国手続きに関する詳細と最新情報は、引き続き下記関係機関にご確認下さい。

在東京インドネシア共和国大使館    TEL: 03-3441-4201
在大阪インドネシア共和国総領事館   TEL: 06-6449-9898
ガルーダ・インドネシア航空
URL:https://www.garuda-indonesia.com/jp
Twitter:@Garuda_Japan


■ 新型コロナウイルスに関する情報-バリ州政府によるリリース掲載
バリ州政府保険局よりプレスリリースが配信されました。

これまで、バリ州では、COVID-19陽性症例は確認されていません。海外旅行後に発熱、咳、風邪などの症状がみられた29例の検査の結果、22例はCOVID-19 陰性が確認され、他の7例については現在検査結果を待っていますが、この7例についての臨床的な症状は改善を示しています。詳細はこちらをご覧ください。

PDF(224 KB)


■ 新型コロナウイルスに関する情報~入国手続き情報(2020年3月3日現在)
インドネシア共和国政府は、新型コロナウイルス(2019-nCoV)発生に対して安全措置を確保するため、インドネシア保健省はじめ関係機関が連携し、全ての国際空港においてあらゆる対策を講じています。

この一環として、2020年3月1日(日)より下記の通り入国手続きに関する更新・変更の措置が取られましたのでご注意下さい。

1.インドネシアへ入国日以前の14日間に中華人民共和国に滞在・訪問された外国人のお客様へのビザ免除措置及び
 ビザ・オン・アライバル(VOA)の発給は、引き続き一時的に停止しています。
2.在中国インドネシア公館において訪問ビザ及びVOAを申請する外国人には、下記の条件に同意する事で当該ビザを
 付与するとともに、当局の健康診断の後、新型コロナウイルスに感染していない事が証明されれば入国が認められます。
 a.中国の保健当局が発行する新型コロナウイルス非感染証明書(英文)の提出
 b.中国国内の新型コロナウイルス非感染地域(注:詳細未定)に14日以上滞在したこと
 c.インドネシア政府による14日間の隔離により検疫を受ける事に同意すること、
  又はインドネシア入国前に新型コロナウイルスの感染がない第三国に14日以上滞在する事を証明すること。
3.中国籍の方で、新型コロナウイルスの非感染国のインドネシア公館において訪問ビザ、一時滞在ビザを申請する場合にも
 同様の書類と手続きが必要になる他、中国籍の方のご入国手続き詳細は在日インドネシア共和国大使館にお問合せ下さい。

尚、上記ビザ取得及び入国手続きに関する詳細と最新情報は、引き続き下記関係機関にご確認下さい。

在東京インドネシア共和国大使館    TEL: 03-3441-4201
在大阪インドネシア共和国総領事館   TEL: 06-6449-9898
ガルーダ・インドネシア航空
URL:https://www.garuda-indonesia.com/jp
  @Garuda_Japan


■新型コロナウイルスに関する情報
2020年3月2日、ジョコ・ウィドド大統領は、2名のインドネシア人がCOVID-19に陽性反応を示し、インドネシアで初めて確認されたと発表しました。現在2名は、首都のスリアンティ・サロソ感染症病院で治療を受けており、両名とも良好な状態にあり、深刻な呼吸困難を持っていないとの事です。
インドネシア共和国保健省(MoH)は、COVID-19に関するWHOの暫定ガイダンスに言及し、直ちにインドネシアにおけるCOVID-19の準備強化と予防措置を講じている旨発表しました。

インドネシア国内で新型コロナウイルスの症状が発生している人に接触した際のホットライン:
◎インドネシア保健省 / Ministry of Health of the Republic of Indonesia (Kemenkes)
電話: +62 21 521 0411,  +62 812 1212 3119,
◎インドネシア外務省 / Ministry of Foreign Affairs of the Republic of Indonesia (Kemlu):
電話: +62 81290070027.
◎インドネシアでの新型コロナウイルスに関する公式情報提供:
Twitter: @KemenkesRI
ワンダフルインドネシア公式サイト: http://infeksiemerging.kemkes.go.id/

インドネシア共和国観光省のリリースはこちら PDF(354 KB)


■ 新型コロナウイルスに関する情報~入国手続き情報(2020年2月4日現在)
インドネシア共和国政府は、新型コロナウイルス(2019-nCoV)発生に対して安全措置を確保するため、インドネシア保健省はじめ関係機関が連携し、全ての国際空港においてあらゆる対策を講じています。

この一環として、2020年2月5日(水)より下記の通り入国手続きに関する変更の措置が取られますのでご注意下さい。

① 居住地に関わらず、中国籍の全てのお客様は、ビザ免除及び到着ビザ(VOA)適用の対象外となりましたので、ご旅行の際にはご出発前に大使館・領事館にてビザを取得してください。

② 中華人民共和国を14日以内に訪問されたお客様は、インドネシアへのご入国及びインドネシアでお乗り継ぎいただけません。但し、インドネシア国籍者及びインドネシア居住者は除きます。

尚、上記ビザ取得及び入国手続きに関する詳細と最新情報は、引き続き下記関係機関にご確認下さい。

在東京インドネシア共和国大使館    TEL: 03-3441-4201

在大阪インドネシア共和国総領事館   TEL: 06-6449-9898

ガルーダ・インドネシア航空
URL:https://www.garuda-indonesia.com/jp
  @Garuda_Japan


NEWSインデックスへ | このサイトのTOPへ戻る