見る・遊ぶ・体験する

遊ぶ Play

ステキなホテルに泊まる | 癒しのリラクゼーション | 民族衣装を着る | インドネシア料理を楽しむ


ステキなホテルに泊まる Hotel

過去10年、数多くの国際的ホテルチェーンがインドネシアに投資し、インドネシアの観光潜在力に対する信頼を表わすため、今も投資を継続しています。インドネシアのホテルは、世界のトレンドとさえなっています。貴重な木材をふんだんに使用し、コットンや、つる植物などの天然資材と組み合わせ、芸術品および精練されたスパと調和した豪華な「バリ・スタイル」は、世界中に広がりました。 ステキなホテルに泊まる
  バリは、今でも、地上で最も贅沢なホテルによって、業界のトレンドであり続けています。旅行者は、しかしながら、インドネシアの他の地域でもユニークな特徴を見出すことになるでしょう。ホテルは、あらゆる基準について、比べるもののないすばらしいホテルです。このリストは、すべてのホテルを網羅しているわけではありませんので、次回、インドネシアを旅行するときには、さらに多くのホテルと出会うことになるでしょう。

ジャカルタ:手頃な価格のトレンディーな生活
チェンカレン・ゴルフ・クラブ
最上級の国際チェーンホテルがご希望でしたら、ヒルトン、ハイアット、マンダリン・オリエンタル、メリディアン、メルキュール、ニッコウ、シャングリラ、シェラトンなど、すべてがジャカルタにそろっています。しかしながら、今、最も新しいマーケットの一つは、ブティック式ホテルです。
トレンディな都会人には、不可欠なものが二つあります。アリラ・ジャカルタは、リラクゼーションの楽園であり、ミニマル芸術の現代的なラインとアート・コレクションを備えた現代的なホテルです。部屋はすべて大型で、照明は明るく、インターネットも自由にアクセスできます。驚くべきことに、料金は、四ツ星ホテルにもかかわらず、US$ 90からとなっています。まるでバーゲンです!予算は気になるけれど、トレンディーな旅行者にとっては、スパークス・ホテルがお薦めです。8階建ビルディングは、チャイナタウンの中心部に、現代的な「若々しい」建築様式の三ツ星ブティック・ホテルとして設計されています。旅行者は、3種類の異なる色合い(ブルー、グリーン、パープル)から部屋の色を選択することができ、ファンキーな浴室で快適に過ごすこともできます。価格は、US$ 60からあります。

ジョグジャカルタ:サルタンのような生活
バリ・ゴルフ・アンド・カウントリー・クラブ
ジョグジャカルタとその地域の発展は、著名な観光地を開発し、旅行者に稀にしか味わえない経験を提供するブティック・ホテルのブームに火をつけることになりました。市の中心地から20分のところにある「ルマセマン」ホテルは、18世紀に遡る旧ジャワ宮殿ですが、伝統的な庭園に囲まれた高級ブティックホテルとして改造されました。王族の生活を経験できる部屋は、6つしかありません!
ジョグジャカルタから1時間半のところ、ロザリ・コーヒー園リゾート&スパのコーヒー園の真中、熱帯庭園に囲まれ、8つの火山に面した所に、アンティークな調度品が備え付けられた、伝統的なジャワ・スタイルの26のデラックスなヴィラが建設され、コーヒー園のオーナーが使用していた壮麗な植民地時代の邸宅を取り囲んでいます。 アンティークな調度品は、各ヴィラに備え付けられ、浴室では、特別なスパ製品を使用することができます。ハマン・コンプレックスの一部、周囲にテラスがある八角形のスイミングプールは、素晴らしい山岳風景を楽しむには最適です。ジャワ・グリーン・レストランは、ロザリのオーガニックガーデンで収穫される材料を使用する、ヘルシーなランチメニューを提供します。

ボロブドゥール寺院の近くで喧騒から離れ、アマンジオの壮麗な寺院の美しさを見て、リラックスしてください。1997年に開かれた、この石灰岩のリゾートは、ボロブドゥール寺院のレイアウトを再現しており、中央ドームはストゥーパを思い起こさせます。ホテルには、パビリオン形式のスウィートが36あり、そのうちの15には専用スイミングプールがあります。泳ぎ、リラックスし、世界で最も美しい仏教遺跡の向こうに太陽が沈むのを眺めるのは、もはや夢ではありません。

http://tourism.jogja.go.id

東ジャワ:昔を懐かしむ
タマン・ダユ・ゴルフ・クラブ
過ぎ去った時代にノスタルジーを感じる旅行者には、東ジャワは、植民地時代の様式のホテルを準備しています。スラバヤでは、マンダリン・オリエンタル・マジャパヒトは、インドネシア第2の都市のランドマークであり、幸福のシンボルでもあり、ほぼ100年間、観光客に喜びを与えてきました。白いアーケード、贅沢なアールデコ様式の部屋、中庭を備えたホテルは、生きている思い出です。
車で1時間半のところにあるマランは、山岳に取り囲まれた渓谷の奥にあり、夏は、引退したドイツ人農園主の避暑地でした。街は、トゥグ・マラン・ホテルと調和しています。建物には、国内でも最上のアンティーク・コレクションが収集されているため、博物館のように見えます。コレクションの一部は、定期的にジャカルタの国立博物館で展示されています。この静かな環境の中で、トゥグ・マランの利用客は、クラシック・スタイルの本物のアンティーク調度品が備え付けられた部屋の美しさと静けさを楽しむことができます。ホテルのお楽しみ時間の一つは、午後の時間帯であり、そのときには、特別ブレンド・ジャワコーヒーとホテルでつくられた伝統的なジャワ・ケーキが出されます。

バリ:スピリチュアルな生活
メラピ・ゴルフ・アンド・マウンテン・リゾート
神々の島では、タンジュン・ベノア・ビーチのコンラッド・バリ・リゾート&スパは、ハイファッションと豪華さの楽園であり、現代的なバリの調和と静けさのソウルフルなブレンドです。ここでは、旅行者は、バリのトリ・ヒタ・カラナの哲学にしたがった生活様式を経験します。このコンセプトは、人間と神、人間と環境および人間と人間の間における調和とバランスの取れた関係の探求にルーツを持っています。
コンラッド・バリは、観光客を微笑みの世界に沈め、人々は自然にリフレッシュし、優しい心を取り戻します。スパでは、洗練された環境の中で伝統的なバリ製品を使用します。
ウブド村では、マヤ・ウブド・リゾート&スパが、珍しい、予想できない経験を与えてくれます。ホテルの場所自体がすでに面白いところにあります。マヤ・ウブド・リゾートは、山腹の10ヘクタールの庭園に設けられ、長さは780メートル、高さは2つの河川の渓谷より高いところにあります。エレガントで静かな隠れ家は、バリのあらゆる多様性を楽しめる場所です。バリ料理を実習し、昔からのナチュラルヒーリング・システム、レイキで心を高揚させ、ペタヌ川の渦巻く流れの脇にあるプライベート・スパ・パビリオンで恋人とリラックスし、近隣の村でサイクリングを楽しんでください。河川の渓谷の上に覆いかぶさる緑の森に囲まれた2つのプールに入ってください。そうすれば、マヤ・ウブドの外側にある世界のことなど、簡単に忘れることができます。

オンバック:村の生活
バンドン・ギリ・ガハナ・ゴルフ・アンド・カウントリー・クラブ
オンバックのノボテル・コラリアは、伝統的なササック村の様式で建設された壮麗な建築の代表作であり、オンバックの民族住居の一つです。壮観な建物は、クリスタルブルーのラグーンの沖合いにあります。ホテルは、バンガローのある熱帯庭園に取り囲まれています。ホテルには、ココナッツの木で装飾が施された伝統的な部屋もあります。

スンバワ:テントの下の豪華な生活
ニルワナ・バリ・ゴルフ・クラブ
東インドネシアからは離れているかもしれませんが、西スンバワのスンバワ・ベサールのアマンワナは、国内の最も驚くべきホテルの一つです。自然の中のキャンプに似せて建設されたホテルは、熱帯森林によって取り囲まれた島の西海岸の奥まった入り江にあります。
ホテルは、エアコン、キングサイズのベッド、大きなバスルームのある、20の豪華なテントを備えていて、すべてがインドネシア・アートの繊細な作品によって装飾され、快適に滞在することができます。レストランとバーは、海に面した屋外パビリオンの中にあります。利用客は、島を探検し、シュノーケリングとウィンドサーフィンを楽しむことができます。