見る・遊ぶ・体験する

体験する Experience

ステキなホテルに泊まる | 癒しのリラクゼーション | 民族衣装を着る | インドネシア料理を楽しむ


インドネシア料理を楽しむ Cooking

Marvelous Cuisine ~素晴しいキュイジーヌ
インドネシアは、17,000を超える島々から構成された、世界最大の群島であり、2億3500人以上の人が住んでいます。広大な群島は、赤道を5,120kmにわたって横断し、アジア大陸とオーストラリア大陸の間に位置しています。地域の5分の4は海で、主要な島はスマトラ、ジャワ、カリマンタン、スラウェシおよびパプアです。300の民族がそれぞれの持つ独特な文化を保持し、協力し合い調和を保ちながら生活しています。
癒しのリラクゼーション
インドネシアの風景は、非常に変化に富んでいます。ジャワとバリは、もっとも肥沃な島で、稲田はこの2つの島に集中しています。スマトラ、カリマンタン、スラウェシ、マルクおよびパプアは、今でも大部分が熱帯降雨林に覆われています。ヌサ・トゥンガラの特徴は、オープンサバンナと草原です。

インドネシア料理
米はインドネシアの主食であり、紀元前2300年に遡り、インドネシアにはオーストロネシア族によって持ち込まれました。インドネシアは米の消費大国で、平均して毎年一人当たり200kg以上を消費しています。大半の米の生産はジャワ島で、灌漑方式によって生産されています。高地、低地、あるいは湿地帯に適した約7,000種の品種または系統が識別され、保存されてきました。最初にインドネシアの高地地域で特定されたのは、 Bulu稲タイプ(「熱帯ジャポニカ」とも呼ばれる)でした。

国は天然資源が豊かで、歴史上、世界中の貿易商人、海賊および冒険家を惹きつけてきました。これらの孤島は、古くからの貿易経路に位置しており、植物資源も豊かなため、すぐに世界中の関心を集めるようになりました。群島東側の小島の幾つかは、本当の意味でのスパイス・アイランドで、クローブとナツメグ樹が生育する世界でも珍しい場所です。

スパイスはその香りだけでなく、材料の独特の臭いをカモフラージュしたり、息をフレッシュにしたり、また、健康上の問題を治療するためにも重要視されてきました。インドネシアは、エキゾチックなスパイスとハーブの使い方を世界に教えました。インドネシアは、レモングラスとラオス、カルダモンとチリペッパー、タマリンドとターメリックを使用して、独創的な美食のテーマを普及させました。手の込んだジャワ料理では、酢とタマリンドをパーム糖に加え、甘酸っぱいスパイスを創り出します。ジャワの料理は、それぞれを引き立てあう香辛料(香ばしい、酸っぱい、甘い、辛い)と食感(湿り、粗さ、スポンジ状、硬さ)を入念に組み合わせることで知られています。


それでは、インドネシア各地の郷土料理をご紹介しましょう!

パダン(Padang)
おそらく、島々で最も好まれている食事は、西スマトラのミナンカバウ族の、スパイスが効いた激辛のパダン料理です。スマトラは、群島の西の端にあるため、インドとアラブの貿易商人の最初の寄港地となり、沿岸のスマトラ人は貿易商人がもたらすスパイス、シチュー、カレー、ケバブなどを喜んで受け入れました。パダン・レストランは、窓辺に食料が入れられた容器が小奇麗に積み重ねられているのですぐにわかります。パダン・レストランは、インドネシアのほとんどの都市で急成長しています。
Rendang Daging
西スマトラに源を発する料理です。これはミナンカバウ独特の料理の一つで、祭典行事の時や賓客に出されます。この料理は牛又は時折は鶏肉、マトン、水牛の肉、カモ肉かジャックフルーツあるいはキャッサバの様な野菜で作られます。
Rendang Daging
Dendang Bakado
インドネシアのどこの地域でも食べることができる、最も有名なパダン料理の一つ。元々西スマトラの料理で辛いソースに漬け込んで焼いた牛肉の料理です。
Dendang Bakado
Sate Padang
サテ・パダンは西スマトラで広く食べられている料理。焼いた牛のモツに香辛料・ココナッツミルクを煮詰めたソースをかけて食べます。
Sate Padang
アクセス
ジャカルタからガルーダインドネシア航空、マンダラ航空、ライオンエアやバタビア航空などで空路約1.5時間。

宿泊
[Hotel Pangeran Beach]
Address: Jl. Ir. H.Junda No.79 Padang 2511, Sumatera Barat, Indonesia
Phone: +62-751 7051 333
Fax: +62-751 7054 613
Email: reservation_beach@hotelpangeran.com

[Hotel Bumi Minang]
Address: Jalan Bundo Kandung No.20-28, Padang 25117, Sumatera Barat, Indonesia
Phone: +62-751 37555
Fax: +62-751 37567
Email: reservation@bumiminang.com

[Maranatha Homestay]
Address: Jl. Bandar Pulau Karam No. 10-D, Padang, Sumatera Barat, Indonesia
Phone: +62-751 26321
Fax: +62-751 38663
Email: maranatha_homestay@yahoo.com

[Hotel Inna Muara]
Address: Jl. Gereja No. 34, Padang
Phone: +62-751 35600 - 33741
Fax: +62-751 38 266 - 31163
Email: mkt.muara@inna.co.id

[Rocky Plaza Hotel]
Address: Jl. Permindo no 40, West Sumatera
Phone: +62-751 840888
Fax: +62-751 841230 Email: hotelrockyplaza@yahoo.com

ジャカルタ(Jakarta)
首都ジャカルタの食事は、その多くが華僑に由来しています。ナシゴレンもバクミゴレンも元は中国のものですが、インドネシア人の好みに合わせてアレンジされ、今ではインドネシア人のお気に入り料理になっています。
Soto Betawi
SOTO(スープ料理)はジャワ島で広く食されています。ソト・ブタウィは野菜や肉を煮込んで最後にたっぷりのココナツミルクを加えたクリーミーなスープです。
Soto Betawi
Gado-Gado
インドネシアのどこのレストランにもある温野菜のサラダです。名前の由来は、あらゆる種類の野菜をミックスするところからきており、ピーナッツソースをかけていただきます。
Gado-Gado
Ketoprak
ジャカルタでよく見かける一品。これはヤシの葉で編んだ包みにご飯を入れて蒸した、ちまきのように固まっているクトゥパット(Ketupat)を小さく切り分けたものと野菜をココナッツミルクの中でかき混ぜて食べます。
Ketoprak

ジョグジャカルタ(Jogjakarta)

ジョグジャカルタは今尚サルタンが統治する特別州で、王宮の伝統を継承しています。
中央ジャワは、たくさんの人が集まる祝宴、スラマタンまたはクンドゥリが大好きで、一緒になって通過儀礼を祝い、一体感を高めます。このようなときにはよくナシトゥンパンが作られます。無味のもち米を、おろしたてのターメリックで黄色に色づけされたココナッツミルクと一緒に調理し、竹で織られた円錐形をしたククサンという容器で蒸します。この容器はバナナの葉を敷くと籠になりますので、その上にもち米が盛り上げられます。

Gudeg
古都ジョグジャカルタの名物料理でジャックフルーツ、鶏肉、卵、タケノコ、キャサバの葉などを甘辛く煮たもので、ご飯によくあいます。
Gudeg
SGPC (SeGoPeCel)
Pecelは代表的な中部ジャワのキュイジーヌです。豆類、ほうれん草、カンクンなどの温野菜に伝統的なパセリソースをかけていただきます。
SGPC (SeGoPeCel)
アクセス
ジャカルタからガルーダインドネシア航空、バタビア航空、ライオン航空などで約1時間。
デンパサール(バリ島)からガルーダインドネシア航空、バタビア航空、マンダラ航空などで約1時間。ジャカルタからは鉄道で7~9時間の旅が楽しめる。

宿泊
[Hyatt Regency Yogyakarta]
Address: Jl. Suryotomo No. 31, Yogyakarta Indonesia 55122
Phone: +62-274 589521, 589523
Fax: +62-274 588070, 588071
Email: reservation@meliajogja.com
Website: http://www.meliajogja.com

[Grand Quality Hotel Yogyakarta]
Address: Jl. laksda Adi Sucipto No 48 Yogyakarta 55281 - Indoensia
Tel: +62-274 485005
Fax: +62-274 489009
Email: huda@grandqualityjogja.com
Website: http://www.grandqualityjogja.com/index.php

バリ(Bali)

バリは国際的にも国内的にも人気のデスティネーションです。世界中から人々が訪問するため、あらゆる種類の食事が楽しめる他、バリ島の伝統的な料理も人々の味覚を楽しませるのに十分です。

Betutu
アヒルを丸ごと一匹バナナの葉で包んでじっくりとむし焼きにしたもので、バリ島では人気の高いバリ料理です。
Betutu
Sate Lilit
他の地方は小さく切った肉を串にさして焼きますが、串の回りに香辛料を混ぜ込んだひき肉をつけて焼くサテ・リリットがポピュラーです。
Sate Lilit

ソロ(Solo)

ソロは文化、貿易、観光の面で訪れるべき中部ジャワの街です。また、ジョグジャカルタ同様、王宮文化の古きよき時代の雰囲気が残る街でもあります。

Nasi Liwet
ソロの名物料理で、ココナツミルクで煮込んだご飯をバナナの葉に盛り、鶏肉、卵、野菜の煮物などを添えたものです。
Nasi Liwet
アクセス
ジャカルタからガルーダインドネシア航空、ライオン航空などで約1時間。 ジャカルタからは鉄道で8~10時間、ジョグジャカルタからは急行が複数往復しており、片道約1時間。

宿泊
[Best Western Premier Hotel Solo]
Address:  Jalan Slamet Riyadi No 4-6, Solo, 57111, Indonesia
Phone: +62-271 666 111,
Fax: +62-271 666 530

[Lor In Hotel]
Address: Jln. Adisucipto No. 47 Solo Central Java, Solo (Surakarta), Indonesia
Phone: +62-271 724500
Fax. +62-271 724400
Email: lorin@indo.net.id

[Hotel AgasInternasional]
Address: Jl. Dr Muwardi 44 Solo Central Java 57139
Phone: +62-271 714888
Fax: +62-271 720747. Email: marketing@agas.co.id

ロンボク(Lombok)

ロンボクは新しい観光地としてオススメの素朴な島で、バリ島の東に位置します。島の名前は「唐辛子」という意味なので、唐辛子を使った料理が有名です。

Ayam Taliwan
ロンボク島あるいはスンバワ島の名物料理で、ロンボク風のチリソースを地鶏に塗ってこんがり焼いたものにプルチン・カンクン(ゆでた空芯菜)などの付け合わせと一緒にいただく。この料理は多くの場合とてもスパイシーです。
Ayam Taliwan
アクセス
バリ島からのアクセスが一番便利。ガルーダインドネシア航空やメルパチ航空で約30分。 その他バリ島のパンダンバイ港とギリ島を結ぶスピードボートもあるが予約が必要。

宿泊
[Sheraton Senggigi]
Address: PO Box 1154 Lombok, NTB, Mataram,
West Nusa Tenggara 83015, Indonesia
Phone: +62-370 693333
Fax: 62-370 693241
Email: sales.senggigi@sheraton.com

[The Oberoi Lombok]
Address: Medana beach, Tanjung - 83352, North Lombok
NTB - Indonesia
Phone: +62-370 6138 444
Fax: +62-370 6132 496
E-mail: Gm.Toli@oberoihotels.com

[Holiday Resort Lombok]
Address: Senggigi Beach, Lombok – NTB 83355 Indonesia
Phone: +62-370 693 444
Fax: +62-370 693 092
Email: fomgr@holidayresort-lombok.com

[The Santosa Villas and Resort]
Address: Jl. Raya Senggigi Km. 8, Senggigi, Lombok - Indonesia  
Phone: +62 370 693090  
Fax: +62 370 693185
SMS: +62 370 660 7235  
Email: info@santosavillas.com  
Web: www.santosavillas.com

[Novotel Coralia Lombok ]
Address: Pantai Putri Nyale, Pujut Lombok Tengah, 83001 Lombok, Indonesia
Phone: +62-370 653333
Fax: +62-370 653555
E-mail reservation@novotellombok.com

[Sengiggi Beach Hotel and Resort]
Address: Jl. Pantai Senggigi, PO BOX 1001, Mataram 83010, Lombok, Indonesia
Phone: +62-370 693210
Fax: +62-370 693200
E-mail: booking@senggigibeachhotel.com
Website: www.senggigibeachhotel.com