NEWS


■2010年07月29日号

Selamat datang! ~ようこそインドネシアへ!
  ビジットインドネシアツーリズムオフィス日本地区事務所より、インドネシアに関する様々な情報を掲載したニュースレターをお届けいたします。ニュースレターに関する詳細は、ウェブサイト、メール又はお電話でお問い合わせ下さい。
一般情報
  2011年度祝祭日が発表されました。
   

来年2011年の祝祭日が発表されています。来年の祝祭日は合計14日で、特に来年度のイドゥル・フィトリ(断食明け)の連休は前後の土・日と合わせると、最大9連休の大型連休となります。この時期バリ島やジョグジャカルタなどインドネシア国内の主要観光地は大変混み合いますのでご注意ください。

1月1日(土) 新年
2月3日(木) イムレック(中国暦2562年正月)
2月15日(火) ムハマッド降誕祭
3月5日(土) ニュピ(サカ暦1933年新年)
4月22日(金) キリスト受難日
5月17日(火) ワイサック(仏教大祭)
6月2日(木) キリスト昇天祭
6月29日(水) ムハマッド昇天祭
8月17日(水) インドネシア共和国独立記念日
8月29日(月) 政令指定休日
8月30日(火)~31日(水) イドゥル・フィトリ(1432年断食明け)
9月1日(木)~2日(金) 政令指定休日
11月6日(日) イドゥル・アドハ1432年(メッカ巡礼最終日)
11月27日(日) イスラム暦1433年新年
12月25日(日) クリスマス
12月26日(月) 政令指定休日
  インドネシアの古代帆船“スピリット・マジャパヒト号”、日本に向け大航海中!
    13世紀後半から16世紀にかけてインドネシア(主にジャワ島)を中心に栄えたマジャパヒト王国の遺跡発掘への支援を呼び掛けるため、当時の技術で復元された木造の帆船“スピリット・マジャパヒト号”が7月4日にジャカルタ港を出発、現在日本に向けて航海中です。
この船は、当時の資料が少ない事から、世界遺産ボロブドゥール遺跡に描かれた古代帆船のレリーフなどを参考にしながら、釘を一切使わずに組み立てられ、長さ20m、幅4mの帆船です。
日本人関係者とインドネシア軍の水平など14人が乗り組み、日本の他、中国や東南アジア諸国など8カ国を半年かけて回り、寄港地ではマジャパヒト王国の歴史を伝えるイベントなど行う予定です。
日本の最初の寄港地は石垣島(沖縄県)(8月10日前後予定)で、その後鹿児島、高知、東京(8月下旬予定)、大阪、福岡など各地に寄港予定です。(※寄港のスケジュールは天候によって変わりますので、随時ウェブサイトで最新日程をご確認下さい。)

詳細お問合せ先: 日本マジャパヒト協会 電話: 03-5684-7661
ウェブサイト:http://www.j-majapahit.com/


航海中のスピリット・マジャパヒト号


古代復元船モデルシップ
イベント情報
  マドゥーラ島のカラパン・サピは迫力満点!
    スラバヤ(ジャワ島)の北西に位置するマドゥーラ島では、「カラパン・サピ」とよばれる勇壮な競牛で名高い島です。
毎年9月に村々を転戦し、特に決勝が行われる10月パムカサン・スタジアムのレースは規模が大きく盛り上がります。
マドゥーラ牛は走るために丹精込めて育てられた純血種で、レースの時には色鮮やかな飾りを付けて登場し、旗手が2頭の雄牛をつなぐくびきをしっかり締めて草原を豪快に駆け抜け、応援の村人達も興奮に包まれます。
レースは通常午前9時から始まり、特別レースはだいたい3日前に発表されます。
  バリ国際マラソン2010(10月17日開催)はエントリー受付中!
   

バリ島一の高級リゾートエリア、ヌサドゥアを走る恒例のバリ国際マラソン。今年の開催は10月17日(日)午前6時スタートです!
レースの後はスパやマッサージで心と身体をしっかりケア。そして新鮮なシーフードバーベキューやエスニックなバリ料理でお腹を満たし、バリの伝統文化に触れる寺院めぐりや舞踊鑑賞、マリンスポーツやショッピングなど、どなたにもお楽しみいただけるアクティビテ満載です!
全てのレースにタイミングチップを導入し、完走者には完走証及び完走Tシャツをプレゼント。

エントリーとお問い合わせは「バリ国際マラソン2010大会事務局」まで 電話:03-3497-0101(月~金の10:00~18:00)
公式ウェブサイト:http://www.balimara.com
  バリ島古典舞踊伝承特別公演が開催されます!
    バリ島芸能を代表する「バリ舞踊」。1930年から世界で認知され、人々を魅了してきたバリ舞踊は。現代に到るまで様々な形式にスタイルを変え旅行者のアトラクションの一つとして発展してきました。その中で、本来芸術であるバリ舞踊がツーリズムのための舞踊として姿を変えてしまったケースも多く、実は古典バリ舞踊は存続の危機を迎えています。
そんな今、伝統を継承してきた巨匠達が、伝統芸術であるバリ舞踊の本当の根源を次世代へ伝承すべく公演を行っています。約60年前にタイムトリップして現代に蘇った1930年代の舞踊と演奏を是非、体感して下さい。

開催日:2010年8月28日(土) 「マエストロ達による圧巻のバリ舞踊鑑賞」
2010年8月29日(日) 「伝承者達による未来へつながるバリ舞踊鑑賞」
開催場所:バリ舞踊の殿堂「プリアタン王宮」にて
ウェブサイト: グヌン・サリ楽団ウェブサイト http://www.gunungsari.org
  国内イベント / 江ノ島バリSUNSET2010が開催されます!
   

神々の島、バリ島の魅力を五感で感じるイベントです。
バリ舞踊やガムラン演奏、インドネシア料理、バリエステや、インドネシアの観光案内やツアーもご紹介するテントが並びます。
今回は5周年を記念し、演出家カデ・スアルダナ率いるアルティ・ファウンデーションが来日。バリ島の伝統芸術に発想を得たオリジナルステージをご堪能いただく他、22日には会場の皆さんとケチャに挑戦!是非この機会に体験してみてはいかがでしょう!

開催日:2010年8月21日(土)・22日(日) 13:00~19:30
会 場:江ノ島展望台下特設会場/サムエル・コッキング苑
主 催:江ノ島バリSUNSET実行委員会
後 援:インドネシア共和国大使館、 バリ州デンパサール市、 ビジットインドネシアツーリズムオフィス
入 場:大人200円 子供100円(サムエル・コッキング入園料)

イベントの詳細はビジットインドネシアのウェブサイトのチラシをご覧下さい。
http://visitindonesia.jp/
メディア情報
  バリ島の美しい風景をご覧いただけるジュリアロバーツさん主演映画「食べて、祈って、恋をして」は9月17日(金)から全国ロードショーが公開されます!
 

© 2010 CTMG.
All Rights Reserved.
ひとりの女性の実話――。
世界中の女性から絶大な支持を受ける女性作家エリザベス・ギルバート氏の、世界的大ベストセラーとなった自伝的小説が、ニューヨーク、イタリア、インド、そしてバリ島の豪華オールロケーションで撮影された美しい映像によって新たな生命を吹き込まれました。
~ “本当の自分” を探してニューヨークから
イタリア、インド、 そしてバリ島へ。~
映画館で、バリ島ウブドのライステラスやビーチなど美しい風景もご覧いただきながら、この秋、きっと”あなたの人生も開花”させて下さい!



© 2010 CTMG. All Rights Reserved.
     
場所: アジアとオーストラリアの間に位置する
国土の大きさ:
インドネシアは17,000を超える島々からなる世界最大の群島国家で、海上に東西5,120kmに広がり、その5分の4は海。面積は190万平方キロで日本の約5倍です。
気候:
熱帯気候で、だいたい5月から10月頃までが乾季、11月から4月頃までが雨季。一般的に旅行シーズンは乾季ですが、雨季といっても日本の梅雨のように一日中雨が降るというわけではなく、朝方や午後にスコールという雨の振り方。雨季は果物の甘みが増して美味しく、ライステラスやジャングルの緑が濃くなり、一層美しい風景が楽しめます。
日本からのアクセス:
バリ島までは成田、羽田、大阪、からガルーダ・インドネシア航空が、ジャカルタへは成田から日本航空、ガルーダ・インドネシア航空と全日空が運航しています。
ニュースレター発行、お問い合わせ先:ビジットインドネシアツーリズムオフィス
住所:東京都新宿区住吉町8-23富井ビル2階
電話:03-5363-0158   URL :http://www.visitindonesia.jp