NEWS


■2013年03月08日号

Selamat datang! ~ようこそインドネシアへ!
  ビジットインドネシアツーリズムオフィス日本地区事務所より、インドネシアに関する様々な情報を掲載したニュースレターをお届けいたします。ニュースレターに関する詳細は、ウェブサイト、メール又はお電話でお問い合わせ下さい。
イベント情報
 
  • ITBベルリン2013開会式に、公式パートナー国としてインドネシアからはユドヨノ大統領が出席しました。
   

2013 年3月6日~10日に開催された世界最大級のトラベル・トレード・ショー“ITB ベルリン”において、インドネシア共和国観光クリエイティブエコノミー省は公式パートナー国として来場者の皆様をお迎えしました。
3月5日には公式オープニングセレモニーが行われ、アンゲラ・メルケル、ドイツ連邦首相とともに、公式パートナー国としてインドネシアからはスシロ・バンバン・ユドヨノ大統領が出席しました。大統領はスピーチの中で、人気のバリ島の他、壮大なボロブドゥール寺院や現代の“ジュラシック・パーク”と言われるコモド島、また、野生のオランウータンに出会えるカリマンタン島や、壮観な海中が楽しめるマナドのブナケン島、モロッカ諸島と“最後の楽園”ラジャ・アンパットなど、人々を惹き付けてやまないインドネシア各地の魅力や、驚くべきインドネシアの食文化にも触れました。
尚、インドネシア政府は2014年までに外国人訪問者数のターゲットを一千万人としており、このITBベルリン2013には、10,086(*)の出展者のうち120もの出展者がインドネシアから参加しました。(*出展者数はITBベルリン事務局発表数。)




 
  • おもわず食べたくなる“インドネシア料理30選”をご紹介します!
   

インドネシア共和国観光クリエイティブエコノミー省は、他の産業界をと協力して“インドネシア料理30選”を選定、発表しました。
“インドネシア料理30選”の選定は、今日までインドネシア各地で受け継がれてきた豊富な伝統的食文化を一つ一つ登録することからはじまられました。そして、数々の選定基準と評価を通して、さらには、インドネシア国民の間でも認知されている、国内外で簡単に入手できる食材で料理できるものが選ばれました。

3月5日に行われたITBベルリンのディナー・レセプションでは、この30選の中から選ばれた10品の料理が華やかに盛り付けられ出席者を楽しませた他、“インドネシア料理30選”の映像も会場で披露されました。この映像はビジット・インドネシア・ツーリズムオフィスのウェブサイトでもご覧いただけます。
URLはこちら: http://www.visitindonesia.jp/index.html


 
  • 2013年1月のインドネシアへの外国人訪問者数が発表されました。
   

インドネシア共和国観光クリエイティブエコノミー省の発表によると、2013年1月のインドネシアへの外国人訪問者は614,328人で、昨年同月(2012年1月652,692人)比5.88%の減少となりました。国別訪問者数トップはマレーシアの822,622人、以下シンガポール80,463人、オーストラリア72,000人、中国53,203人、日本35,246人と続きます。
また、バリ島への外国人訪問者数は229,561人で、昨年同月(2012年1月249,728人)比8.08%の減少となりました。バリ島への国別訪問者数の1月単月トップはオーストラリアで62,351人、続いて中国の28,833人、日本17,079人、韓国12,393人、マレーシア12,165人、ロシア11,370人と続きます。
尚、ジャカルタへの日本人訪問者数は13,779人で、マレーシア21,173、中国16,478人に続く訪問者数となっています。



2013年1月・入国地別インドネシアへの日本人訪問者数
入国地(都市)名 1月 2013年1月 2012年1月 前年比
ジャカルタ CGK+海港 13,779 13,779 13,435 102.6%
バリ島/デンパサール DPS 17,079 17,079 12,646 135.1%
リアウ諸島/バタム島 BTH+海港 1,693 1,693 1,576 107.4%
リアウ諸島/ビンタン島 海港 1,614 1,614 2,141 75.4%
スラバヤ SUB 543 543 485 112.0%
スマトラ島/メダン MES 183 183 152 120.4%
スラウェシ島/マナド MDC 62 62 84 73.8%
東カリマンタン/バリクパパン BPN 10 10 33 30.3%
ジョグジャカルタ JOG 94 94 64 146.9%
バンドン BDO 95 95 41 231.7%
西ヌサトゥンガラ/ロンボク島 AMI 34 34 36 94.4%
リアウ諸島/カリムン島 海港 11 11 5 220.0%
スマトラ島/パダン PDG 16 16 6 266.7%
スラカルタ(ソロ) SOC 9 9 18 50.0%
南スラウェシ/マカッサル UPG+海港 3 3 17 17.6%
リアウ州/プカンバル PKU 15 15 1 1500.0%
その他 陸路 6 6 2 300.0%
合   計 35,246 35,246 30,742 114.7%
(*ここで発表される月次データは暫定数で、後日確定値に修正される場合があります。)
出典:インドネシア共和国観光クリエイティブエコノミー省統計



     
場所: アジアとオーストラリアの間に位置する
国土の大きさ:
インドネシアは17,000を超える島々からなる世界最大の群島国家で、海上に東西5,120kmに広がり、その5分の4は海。面積は190万平方キロで日本の約5倍です。
気候:
熱帯気候で、だいたい5月から10月頃までが乾季、11月から4月頃までが雨季。一般的に旅行シーズンは乾季ですが、雨季といっても日本の梅雨のように一日中雨が降るというわけではなく、朝方や午後にスコールという雨の振り方。雨季は果物の甘みが増して美味しく、ライステラスやジャングルの緑が濃くなり、一層美しい風景が楽しめます。
日本からのアクセス:
バリ島までは成田、羽田、大阪、からガルーダ・インドネシア航空が、ジャカルタへは成田から日本航空、ガルーダ・インドネシア航空と全日空が運航しています。
ニュースレター発行、お問い合わせ先:ビジットインドネシアツーリズムオフィス
住所:東京都新宿区住吉町8-23富井ビル2階
電話:03-5363-0158   URL :http://www.visitindonesia.jp